お金を借りるならどこがいいの?!キャッシングのメリットとデメリットって?

お金がすぐに必要なとき、キャッシングを利用しよう!と思うけどちょっと不安・・・。初めての場合は本当に大丈夫か気になりますよね。
そこで、キャッシングのメリットとデメリットの両方を紹介します!内容を見ていただけば、キャッシングは上手に利用すればとっても便利だということがわかっていただけると思いますのでぜひ読んでみてください!

 

メリット

申込みがスピーディ。当日に借りることができる場合がある(会社による)
・インターネットで申込みからお金を借りるまで完結できる場合があるので、誰にも気づかれずに借りることができる

 

デメリット

・他社でお金を借りている場合、審査に通らないことが多い
・信販会社や銀行より金利が高い
・返済方法が各社異なるのでしっかりと計画を立てなければならない

 

返済については、銀行や信販会社で借りても消費者金融で借りてもしっかりと計画を立てなければいけないのは同じですよね。
ただ、注意しなければいけないのは「金利」。よく言われているように、消費者金融は「金利」が高いです。一般のクレジットカードのキャッシング機能に比べるとかなり高いので、そのあたりは注意してください。
ただ、各社無利息キャンペーンなども行っておりますので一定の期間で返済すれば金利がかからない場合がありますので、ぜひ各社のキャンペーンを確認して一番お得に借りられる会社を選ぶといいですよね。

 

 

キャッシング おすすめランキング!

アコム

貸付利率(実質年率) 自動審査受付時間 メリット
3.0%〜18.0% 8:00〜22:00 パート、アルバイトでも融資が可能!

24時間、インターネットでの申し込みが可能で、3秒あれば融資が可能か診断することができます!安定した収入があれば、アルバイトやパート、派遣でも申し込み可能なので助かります。返済シュミレーションや利用状況の紹介もインターネットで簡単に行うことができます。
【特徴】
・3秒で審査結果表示
安定した収入があればアルバイトやパートでも融資可能
・審査〜契約まで来店不要で手続き完了

↓公式サイトはこちら↓

http://www.acom.co.jp/

 

アイフル

貸付利率(実質年率) 自動審査受付時間 メリット
4.5%〜18.0% 9:00〜21:00 最短30分で審査完了
24時間インターネットでの申し込みが可能で、さらにネット契約なら即日融資も可能!借入れ可能か?お試し1秒診断があります。「ファーストプレミアムカードローン」なら、上限金利9.5%!※満23歳〜59歳の方で一定の年収がありアイフルをはじめて利用する方限定

【特徴】
事前にご融資可能か1秒診断あり
・抜群の知名度で安心
・審査〜契約まで来店不要で手続き完了

↓公式サイトはこちら↓

http://www.aiful.co.jp/

 

 

三井住友銀行グループ モビット

貸付利率(実質年率) 自動審査受付時間 メリット
3.0%〜18.0% 9:00〜21:00 10秒簡易審査結果表示
24時間インターネットでの申し込みが可能で、さらにWEB完結申込なら即日融資も可能!借入れ可能か?10秒簡易審査結果表示があります。

【特徴】
・事前にご融資可能か10秒簡易審査結果表示あり
・三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に口座を持っているならWEB完結申込で即日融資が可能
・三井住友銀行グループで安心

↓公式サイトはこちら↓

http://www.mobit.ne.jp/

 

 

低金利や即日融資が可能なその他のキャッシングサービスリスト

 

 

クレジットカードのキャッシング機能でもお金は借りられます。さらに、即日発行可能なクレジットカードもあります!

アコムACマスターカード

カード受取可能時間 メリット
9:00〜21:00/年中無休
(年末年始は除く)
海外でも利用できる!年会費無料!

キャッシングのついでにクレジット機能もつけたい、という方にピッタリ。クレジット機能もついているのに最短即日でスピード発行が可能です。
年会費が無料なのも嬉しいですね。
【特徴】
・クレジット機能付きで即日カード発行が可能
・アルバイトやパート、派遣社員でも融資可能
・後からリボ払いに変更も可能

↓公式サイトはこちら↓

http://www.acom.co.jp/

 

楽天カード

カード受取可能時間 メリット
約1週間で郵送にて受取可能 年会費永年無料!

インターネットでのお買い物が多い方にはピッタリ!このカード1枚で、キャッシングもクレジット機能も使えちゃう!さらに、楽天カードなら楽天ポイントもざくざく貯まります。インターネット決済が多い方は本当にオススメですよ!
【特徴】
・楽天ポイントがどんどん貯まる!
・安定した収入があればアルバイトやパートでも融資可能
・今なら6.000円相当の楽天ポイントプレゼント

↓公式サイトはこちら↓

http://card.rakuten.co.jp/

 

ネットでお金を借りる!即日融資も可能!

お金を借りる時、誰かに会うのがちょっと躊躇してしまう・・・という方は少なくないと思います。
そんな方は、最近のキャッシングはインターネットでお金を借りることができるので非常に便利です。

 

インターネットの即日融資は、申し込みから契約、そしてその後もインターネットでお金を借りたり返済することもできる、非常に便利なサービスがたくさんあります。
誰にも会わずにお金を借りることができたらいいな、と思っていたんですが本当に実現する時代が来たって感じですね。
ちなみに、インターネットというのはパソコンでもスマホでもOK
外出している時に急にお金が必要になって、お金を借りたいときでもスマホから自分の口座に振込むことができる「振込キャッシング」も可能。
お金を借りる時だけでなく、返済する時もネットバンクがあれば、自分の口座から返済することができます。

 

スマホやパソコンからお金を借りることができるので、契約した後も誰にも見られることができずに利用できるのが本当に便利です。

 

お金を借りたり返したりする以外にも、色々と便利でお得なサービスがありますので、一部を紹介いたします。

 

ネットでお金を借りたり返したりするのは手数料無料!

ネットで振込キャッシングに対応しているところは、ほとんどがネットでお金を借りるのも返済するのも手数料は無料です。
銀行やコンビニのATMでカードでお金を借りたり返したりすると手数料がかかるところがほとんどです。
手数料は意外と回数を重ねると大きな金額になりますので、振込キャッシングをした方がお得です。

ネットバンクを持っていれば、24時間365日振込キャッシング可能!

楽天銀行やジャパンネット銀行などのネットバンクを持っている方は、24時間365日、深夜でも振込キャッシングですぐにお金を借りることができます。
ネットバンクを持っていれば、時間や曜日を気にすることなくお金を借りることができるのでとっても便利です。

取引明細を見ることができます

ATMで出された明細って、誰かに見られるのも困るのですぐに捨てちゃいますよね。
今いくら借りていて、次の返済日はいつだったかな・・・と分からなくなっても、ネットのマイページを見ればすぐにわかります。
今までの借入れ履歴や、次回の返済日にいくら返済する必要があるのか、返済の内訳も見ることができます。
いくら返すと元金がいくらで利息がいくらなのか、ということも落ち着いて確認することができるのでオススメです。

その他にも様々なサービスがあります

・ネットで取引をするとポイントがたまる
・メールで返済日をお知らせ
・住所変更や返済日の変更などの手続き
・利用限度額の増枠申し込み

キャッシングやカードローンはカードとATMを使うものだと思っていましたが、スマホやPCで何でもできてしまうので本当に便利でスピーディなんです!

お金を借りるだけでなく、店舗に行かないとできなかった手続きもネットのマイページから手続きが可能。
収入証明の送付や、住所変更の際の免許証のコピーなどの送付もスマホやパソコンから手続きできるのでとっても便利です。

 

カードローンやキャッシングの利用明細は、通常自宅に届きません。
そのため、いくら返済すればいいか、いつが返済日かATMで明細を見ないと分からないことが多いと思います。
会員サイトなら、誰にも気づかれることなく現在の借入れ状況や返済日を確認できるのも、便利でスムーズ。
何より、カードを持ち歩かなくてもいいのも非常に助かります。

 

お金を借りるためには、まずは公式サイトから申し込みをする必要があります。
キャッシングは店舗で契約するのかなと思っていた方も、インターネットから申し込んで、契約するまで全て自宅や外出先で完了できますので、手軽にお金を借りることができて本当に便利です。

 

お金を借りる時に気をつけること

キャッシングでお金を借りるのは、急な出費あった時などとっても便利です。
友人に借りるのも、親に借りるもの気が引ける・・・でもどうしてもお金が必要!そういうタイミングにキャッシングでお金を借りることができれば、誰にも迷惑をかけることなくピンチを乗り切れますよね。
最近のキャッシングは、店舗のATM以外でもスマホやパソコンなどネットでお金を借りることも可能
スピーディでシンプルにお金を借りることができてとってもん便利です。

 

ただ、誰にも気づかれずにお金を借りるためにネットを利用している方は、気をつけるポイントもあります。

 

書類やカードは契約後、郵送される

誰にも気づかれたくないからという理由でネットで契約をした場合、書類やカードは最終的に郵送で送られてきます。
これは、本人の確認も兼ねているので、留め置きなどの処置はできません。
自宅に郵送されるのが困る方は、事前に店舗の自動契約機にとりに行く手続きを行っておけば大丈夫。
また、配送時間を指定できるサービスや、自宅以外を配送場所に指定できるサービスがあるキャッシングもありますので、事前に確認してみましょう。

 

契約の時はメールフィルターに注意しましょう

見落としがちなんですが、ネットで申し込みをすると審査の回答などはメールで来ることもあります。
特にスマホの場合は、迷惑メールフィルターなどを設定していると審査の回答メールが届かないことがあります。
必ず、迷惑メールフィルターを解除するようにしましょう。

 

返済が遅れると連絡がくる

うっかり忘れてしまったりして返済日に返済が遅れると電話や手紙などで連絡が来ることがあります。
まずは携帯に電話があると思いますが、出られずにいると自宅の電話に電話がかかってきたり、郵送で手紙が届いたりすることもありますので、万が一返済が遅れてしまった場合はすぐに連絡をするようにしましょう。

 

お金を借りる時に大事なことは返済について想像する

自分が利用したのは銀行系クレジットカードのキャッシングなので審査も無く非常に便利だった、という思い出が非常に強くあります。
審査が無い為に便利で、若かりし頃に引越し時の初期費用や家具が必要になったり、急に車の修理費等支払いが重なってしまってにっちもさっちもいかなくなった時、何回か利用した覚えがある。
もちろん車検費用等確実に必要になると分かっている金額に関しては貯金として残してあったが、車乗りとしてぶつけられるほど悲しくなる事は無い。
古い車になればなるほど保険も全額出る事も無くなってくる、しかし車検費用も取っていけないとダメ、引越して初期費用として貯金を減らしてしまったし・・・そんな時にキャッシングが役に立った。

 

自分は無理の無いペースで返済する事ができた。ご利用は計画的にってのは本当にその通りだと思う。
他の人も金額があまり大きく無ければ返済する事が辛く苦しくなる事も無いのではないんじゃないかと思う。

 

初めてお金を借りる キャッシング選びのポイント

初めてお金を借りる人は、やはりキャッシングやカードローンというものを利用するのに不安はつきものです。

・すぐにお金が必要だけど即日融資は本当にその日に借りられるの?
・いつまでに返済すればいいのか
・返済は毎月いくらになるのだろうか
・審査とはどんなことを聞かれるのか

このような不安は、初めてお金を借りるときは誰でも考えることですよね。
特に急いでいる方にとっては、即日融資なんて本当にその日のうちに都合よくお金を借りることなんかできるんだろうか?というのが借りる前の最初の不安だと思います。

 

そこで、初めてお金を借りる人の疑問と不安を解消するために「お金を借りる」ことについて回答します。

 

本当に即日融資でお金を借りることはできます

キャッシングの即日融資は、本当にその日のうちにお金を借りることができます。
ただし、借りる時には審査時間がありますのでその時間内に申し込みをすることが条件。
申し込みは、土日祝関係なく、朝9時頃から夜21時頃まで。
概ね即日融資のほとんどのキャッシングやカードローンはこの時間帯に審査を行いますので、この時間内に申し込みをする必要があります。
この時間内に審査を受けて通過すれば、本当にその日のうちにお金を借りることができるんです。

 

毎月分割で返済するため、最終返済日は自由です

即日融資のキャッシングのいいところは、10万円借りても何日までに必ず全額返済しなければいけない、という期日がないこと。
毎月決まった金額を返済すれば、最終的に10万円をいつまでに返済しても問題ありません。
つまり、10万円借りて、今月1万円返済したら、その後また1万円借りても翌月また1万円返済すればいいということです。
ただし、これがキャッシングやカードローンの怖いところでもあります。返済計画をしっかり立てて、自分の中でいつまでに返済をする、としっかり決めることが大切です。

 

毎月の返済額は借りるときに確認できる

毎月の返済金額は、借りた金額によって変わります。
最初に契約をする時に、毎月の返済金額、つまり借りた金額の返済計画を教えて貰えますので、返済できるかどうか確認して借りるようにしましょう。また、公式サイトでも金額を入れれば毎月の返済金額をシュミレーションで確認することができますので、前もってサイトで確認しておくのもいいですね。

 

審査では、返済能力があるかどうかを確認されます

キャッシングの審査では、あなたが返済する能力があるかどうかを確認します。

・現在、一定の収入があるかどうか
・他社の借入れがいくらぐらいあるか

簡単にいえば、上記の2点が最も重要です。
収入の額というのではなく、収入が定期的にあるかどうかが重要ですので、アルバイトやパート、派遣社員でも問題ありません。
ただし、年収の3分の1以上は借りることができません。
そのため、現在の借入れ金額についても審査対象になります。
クレジットカードや車のローンも含まれますので、自分の収入と年収を検討して借りたい金額を決めましょう。

 

お金を借りる時に気をつける3つのポイント

お金を借りる時は、急ぎの時でも気をつけなければいけない最低限のポイントが3つあります。
これは、お金を借りる時に悪徳業者にひっかからないためのポイントです。
急いでいるときは特にお金を借りることができるところをすぐに選んでしまいがちです。
一度冷静になり、契約するところは慎重に選ぶようにしましょう。

 

知っているキャッシングやカードローンを選ぶ

テレビCMや広告などで、誰でも一度はキャッシングやカードローンの案内を目にすることがあると思います。
一度でも聞いたことがあるところから、まずはお金を借りるようにしましょう。
とにかく、名前を聞いたことのないところで契約するのは危険です。
どこも聞いたことがない、という方は、公式ホームページをみてみてください。
芸能人が広告に出ていたり、ページがキレイだったりする場合は大丈夫。逆に、個人が作ったんじゃないのかと思うようなサイトの時は、気をつけるようにしましょう。

金利を確認する

お金を借りる時は、必ず金利が発生します。10万円借りたら、返済する時は10万円+金利分を返済することになります。
悪徳業者は、この金利を異常な利率に設定してお金を貸します。それを判断するには、貸金法という法律を参考にします。

  • 10万円未満・・・年20%
  • 10万円以上〜100万円未満・・・年18%
  • 100万円以上・・・年15%

こちらは、の貸金法で決まっている利息の上限です。この金利以上の金利でお金を貸すことは禁じられています。
この上限を超えている利息を設定しているところは違法な貸金業者ということになります。
とはいえ、堂々とこの金利を表記しているところはありません。
なので、「金利の表示がない」場合は十分な注意が必要ということです。
もし、金利の表示がない場合は一旦他のキャッシングからお金を借りるようにするか、どうしても気になる場合は確認するようにしましょう。
電話やメールで確認すれば必ず返答があるはずですので、そこで判断するようにしましょう。

 

簡単に直ぐに借りられるところには注意


「審査不要」「証明書不要」というのは、非常に危険です。
お金を借りる時に審査がないということはありえません。お金を借りる時は、どんな高収入であろうと必ず審査があります。
なので、もし審査不要で借りることができる、などという言葉が並ぶときはその業者との契約はしないようにしましょう。

 

悪徳業者というのは、お金を借りたい人にお金を貸してくれるいい人、という風に勘違いされやすいです。
お金に困っている人は、簡単にお金を貸してくれる人を救世主のように見えてしまうこともあると思います。

 

お金を借りる時に重要なのは、金利がどれくらいかかるかどうか、ということです。
たとえ少ない金額であっても、違法な金利でお金を借りるとあっという間に倍に膨れ上がります。
直ぐに返せばこれくらい大丈夫、と思うのではなく、違法だから、という気持ちを忘れないようにしましょう。

 

お金を借りる時に行われる審査ってどんなもの?

初めてお金を借りる人にとって「審査」といわれると少し躊躇しますよね。
審査に落ちたらお金を借りることができない、ということは何の審査をされているんだろう?と不安になると思います。
お金を借りる時は、どんな人でも必ず審査を受ける必要があります。
これは、収入が高いか低いか、という審査ではなく、借りたい金額に対して返済が可能かどうかを審査しているということになります。

・年収
・返済能力があるかどうか
・居住形態

お金を借りる時の審査は、上記の3つが大きなポイントになります。
この3つのポイントを確認することで、あなたがいくらお金を借りることができるかが決まってきます。

 

年収について

年収がいくら以上でないとお金を貸せない、ということではありません。
これは、「年収の3分の1以上」はかしてはいけないと法律で決められているからなんです。
そのため、アルバイトでもパートでも問題ありません。重要なのは一定の収入があるかどうか、ということです。

 

返済能力があるかどうか

これは、過去の返済履歴のことです。今までクレジットカードや車のローンなどをきちんと返済しているかどうか、遅れがないかどうか、ということ。
過去に返済ができていないような人の場合は、この返済能力があるかどうかというところに傷がついているはず。
逆に、お金を借りたことがない人も返済能力の有無については同様です。
今までに一度でもお金を借りたことがあって、きちんと返済していれば問題ありません。また、現在返済中でも問題ないです。

 

居住形態について

賃貸よりも、マイホームを持っている方の方が有利です。
持ち家の人は引っ越していなくなったりすることもありませんし、住所がしっかりとしていることは信用情報の中では大きなプラスポイントです。
簡単に言うと、貸し倒れが少ない、ということですね。
賃貸の場合は引越ししてしまうと後が分からなくなってしまいますが、持ち家であればお金を取り立てることが容易であるため、プラスポイントになるということです。

 

このように、お金を借りるときの審査は、実はこの程度の審査なんです。
審査は30分〜1時間程度で終了します。
これらの情報は、あなたが書類に記載している内容だけを見るのではなく、信用情報機関などの情報に基づいて審査されます。
つまり、ウソの情報を記入してもあまり関係ないということですね。
むしろ、隠さなきゃならないような理由がある、と思われてマイナスポイントになってしまうので、書類には正しい内容をきちんと書くようにしましょう。

 

お金を借りる時の「安定した収入」ってどれくらい?


お金を借りる時の条件として、「安定した収入」が必要といいますが、高収入である必要はありません。
消費者金融の求める「安定した収入」とは、毎月必ず一定の金額が収入として入ってくる、という意味のものです。
つまりこれは裏を返せば、お金を借りた時に毎月確実に一定の金額を返済できるかどうか、ということになります。

 

正社員じゃなくても、アルバイト・パート・派遣社員でも毎月確実に一定の収入があれば「安定した収入」ということになります。
重要なのは金額ではなく勤務期間で、長ければ長いほど安定していると判断されることになります。

 

お金を借りる 総量規制ってなに?

いつも必要なだけのお金があるならわざわざお金を借りることなんてないですよね。
借金なんていうものは、誰でもできるならゼロがいいに決まってます。

 

しかし、問題は急な出費。社会の中で生きている限りは、時としてわずかなお金が足りないということもあります。
そういう時のためにキャッシングという便利なサービスがあるんですね。

 

ただ、このキャッシングにも問題がないわけではありません。
それは総量規制というもの。
総量規制とは、クレジットカードを使ったキャッシングで、年収の3分の1を超える借入れがある場合、新たな借入れはできなくなるという法律です。
貸金業は、全てこの法律を守った上でお金を貸す必要があります。

 

こんなに困っているのに総量規制のおかげでお金を借りられない・・・でもその理由は、返済不能にならないようにしているということ。
実際に、年収の3分の1を超える借金は支払うことはかなり難しいという統計が出ています。

 

しかし、この総量規制は、すべてのキャッシングに適応されるのかと言えば、決してそういうわけではありません。
総量規制は貸金業者からの借入れを対象としているので、たとえば銀行や銀行系消費者金融からの貸付けは対象外になるんです。

 

だからと言って、年収の3分の1を超える借入をおすすめするわけではありません。
やっぱりキャッシングは計画的に行なうのが、一番大切な条件ですからね。

 

消費者金融と銀行カードローン どちらでお金を借りる?

すぐにお金を借りたい時、消費者金融以外に銀行カードローンでお金を借りるという方法もあります。
消費者金融に比べて銀行カードローンは低金利なので、大きな金額を借りる場合は銀行カードローンの方がお得にお金を借りることができます。
少しでも低金利で借りられた方が利息が安く済むので銀行カードローンで借りたらいいのにと思うと思いますが、銀行カードローンはやはり消費者金融に比べて融資スピードは遅くなります。

 

銀行カードローンは、土日は営業していませんし、契約時間も銀行が営業している15時までというところも少なくありません。
また、契約したい銀行の普通口座をもっていないと契約できない場合も多く、即日融資という面ではやはり消費者金融に比べて不便です。
とはいえ、1週間以内には申し込みができるところがほとんどですし、数日の余裕がある方は銀行カードローンも視野に入れて見てもいいと思います。

 

キャッシングとカードローンはどう違うの?

お金を借りる方法はいくつかありますが、大きく分けるとキャッシングとカードローンがあります。

キャッシング

クレジットカードについているキャッシング枠で聞くことが多いと思います。
いざというときに使えるかも・・・と思ってつける付属サービスとして利用する人が多いですよね。
クレジットカードについているキャッシングは、借りられる金額は小額であることが多いです。

 

カードローン

銀行や消費者金融からお金を借りることをメインとして契約する方法です。
カードを利用してATMからお金を借りるため、カードローンといいます。
クレジットカードのキャッシングの設定金額よりも高額な金額を借りることができるのが特徴で、クレジットカードのようにカードを使って何かを購入できたりすることはありません。

 

キャッシングとカードローンの大きな違いは、借りられる金額が高額か小額かということ。
そのため返済方法もキャッシングとカードローンでは大きく違います。

 

・キャッシングの返済方法
一括または分割払いが主流
・カードローンの返済方法
一定の金額を長期間払い続けるリボ払いなど

 

高額の借入れの場合、一括で返済するのは難しいですよね。
そんためカードローンはほとんどがリボルビング払いを採用しています。
キャッシングとカードローンはお金を借りるという目的に対しては同じですが、借りたい金額によって上手に使い分けるのがポイントです。

 

即日融資でお金を借りる ポイントは?

即日融資って本当にその日のうちにお金が借りられるの?と不思議に思う方が多いと思いますが、本当に借りることができます。
ただし、即日融資を実現するためにはいくつかポイントがあるので注意してください。

 

審査の最終時間までに審査を通過すること

即日融資でお金を借りたい場合、キャッシングやカードローンが定める本審査の最終時間までに審査に通過する必要があります。
この審査に間に合わないと、翌日になってしまいます。
本審査は、21時頃まで行っていますので、20時までにインターネットから申し込みをすればほぼ即日融資が可能です。

 

借りる金額を最低限の金額で申請すること

消費者金融の場合、借りられる金額が低いのが特徴です。
大きい金額を申請すると、その分審査が複雑になりますし、借入れの状況などを確認するにも手間がかかります。
即日融資でお金を借りたい場合は、できるだけ今必要な最低限の金額を申請する方がいいですね。

 

スマホだと証明書の送付が簡単

即日融資の審査で必要な書類は、免許証または保険証などの身分証明書のみ。
非常に簡単でスムーズですが、FAXなどで送るとなるとタイムロスになりますね。
インターネット契約に対応しているキャッシングやカードローンであれば、パソコンよりもスマホのカメラで免許証を撮影して送信する方がスムーズ。
カメラで撮影してそのままメール添付して送付するだけなので、友達にメールを送るのと同じ感覚で送付できます。
これなら仕事の休憩時間でも契約可能なので、焦ることなく即日融資できますね。

 

即日融資は、審査時間が最も重要なポイント。カードでATMからお金を借りるのは24時間対応しているところも多いので、とにかく本審査の制限時間までに審査を通過するように頑張ってください。

 

お金を借りる キャッシングの種類

キャッシングと一言でいっても、色々な方法があります。
キャッシングの種類について、ご紹介しますので自分にあったキャッシングを選ぶと上手に使いこなせると思います。

 

銀行

金利が安く、借りることができる限度額も大きいのが銀行キャッシングの特徴です。
銀行は「貸金業」ではないため、貸金業に課せられている法律である、「年収の3分の1」「一定の収入」の2つの制限がかかりらないため、まとまったお金を借りるのに便利です。

 

信販会社

クレジットカードに付帯されているキャッシング枠が主流です。
借りられる金額が低めなのが特徴で、クレジットカードと併用して使うことができます。
ちょっとした金額を借りる時に便利です。

 

消費者金融

金利は高いですが、自由度が最も高いのが特徴です。
「貸金業」にあたるため、年収の3分の1以上の金額を借りることができません。
ただし、アルバイトやパートなどの収入が少ない方でも年収の3分の1以内であれば借りることができます。

 

キャッシングにはこのように大きく分けて3種類あります。
それぞれ特長が違いますが、簡単にまとめると大きなお金を借りたい場合や、専業主婦の方などは銀行で借りるのがいいでしょう。
逆に、すぐにお金を借りたい人、少しの金額が足りないから借りたい!という方は消費者金融やクレジットカードのキャッシング機能を利用すると便利ですね。

 

消費者金融の無利息キャンペーンとは?

消費者金融のキャッシングやカードローンには、「無利息キャンペーン」を行っているところが多いです。
このキャンペーンは、一定の期間無利息でお金を借りることができるという、夢のようなサービス。
少ない金額を借りたい人にとっては、非常に便利で助かるお得なキャンペーンなんです。

 

無利息キャンペーンは、初めてキャッシングを利用する人を対象としたサービス。
既に利用したことがある人は対象にならないので注意してください。
期間は、ほぼ30日間のところが多いので、すぐに返済できるお金を借りたい人にピッタリのサービスです。

 

ただし、気をつけるポイントがあります。それは、無利息期間がいつからスタートするのかということ。
消費者金融によって違いますが、2つのパターンがあります。
・お金を借りた日から30日間
・はじめて契約をした日から30日間
小さな違いのように見えて、これは実は見落とすともったいないことになります。
すぐに借りない人が契約した日から30日間の無利息キャンペーンを行っているところを選んでしまうと、無利息期間中にお金を借りないまま過ぎてしまうこともあります。
契約する時に無利息キャンペーンがあったら、いつから無利息期間が始まるか確認しましょう。

 

キャッシングを賢く利用するために

キャッシングでお金を借りたときはすぐに返済するつもりだったのに、いつの間にか返済に追われている・・・そんなことにならないためには、キャッシングを上手に使いこなす必要があります。
決してキャッシングに振り回されないように利用すれば、これほど便利なものはありませんので、以下のポイントを気をつけて上手に使ってください。

できる限り早めに返す

キャッシングは、借りた金額を何日までに全て返済すること、という決まりがありません。
それは便利なようで、非常に怖いことでもあります。
キャッシングはそもそもが短期返済型。最終返済日が決められていませんが、自分の中でいつまでに全額返済するかしっかり計画を立てましょう。

返すまで借りない

キャッシング枠は、まるで自分の口座にお金が増えたかのような錯覚に陥ります。
返済をして枠が増えると、お金が増えたように思う人がほとんどです。
借りているお金であることを自覚して、一旦全て返しきるまで次に借りるのを控えるのも重要です。

本当にピンチかどうか確認する

キャッシングですぐに借りられるから、となるとピンチのハードルが低くなります。
今本当にお金を借りる必要があるのか。これを冷静に考えることが、キャッシングを上手に利用する大きなポイントです。

 

キャッシングやカードローンでお金を借りると便利

急いでいる時、お金をどうにか都合したくても友人や家族に頼みにくい場合がありますよね。
そんな時、キャッシングやカードローンでお金を借りられるのはとても心強いです。
特に消費者金融の場合は急ぎの要求にすぐに対応してくれるのでとても有り難いですよね。
キャッシングやカードローンはそのスピーディな対応と誰にも迷惑をかけずにピンチを乗り切ることができるのが最大のメリットですが、それ以外にも色々便利な点もあるんです。

 

急な入用で契約し、ピンチを乗り切った後もキャッシングやカードローンは使用用途が決まっていないためいつでもまたピンチの時に助けてもらえるようになります。
借りる期限もないですし、借りた後お金を全額返してしまえばカードだけ持っていても特に利息がかかるわけでもないので、また何か大きなピンチが起きた時のためにおいておくことも可能です。
次回のピンチの時は契約などをする必要もないので、困った時にすぐに借りられるお守りや貯蓄のようなものにもなりますよね。
キャッシングやカードローンは一度契約してしまえば、その後はどのように利用しても使用用途に決まりはありません。
限度額もそれほど大きくない金額で契約しているのであれば、生活の中で少し困った時などに便利に利用できるので、大きなピンチの時にこれを機会に一つ何かあった時のためのカードを1枚作っておこうといった感じで契約するのもいいと思います。

 

お金を借りる時には返済計画をたてよう

急ぎの人にとってお金を借りることで慌てているため返済のことまで考えられない人が多いと思います。
しかしそこは一旦冷静になってまずはお金を借りる時に借りたい金額をどのように返済していくか、何回でいつまでに返済するのかということをしっかり考えておきましょう。
返済計画は、借りたいキャッシングのホームページ上に返済のシュミレーションができるところもあります。
しっかり活用してくださいね。
例えば20万円借りた場合、毎月1万円ずつ返した場合、利息はいくらになり、返済がいつ終わるのか。
毎月5万円ずつ返した場合、利息はいくらになり、1万円ずつ返した時と総額がいくら違うのか。
この辺りの金額の差、特に利息の差についてしっかり把握し、できるだけ早めに返し終われるように、それでいてあまり無理をしないでもいい返済計画をたてるようにしましょう。
返済は、月給の3分の1を超えると返すのが大変になると言われています。
早く返したい気持ちはわかりますが、3分の1を超えない程度で返済計画を立てるよう心がけましょう。

 

 

消費者金融でお金を借りてはいけない?

消費者金融というと、どうしても悪いイメージがありますよね。

 

消費者金融=地獄の督促が待っている

 

このようなイメージを持っている方は本当に多いと思います。

 

私は、クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りていた経験があります。
うっかり忘れて遅れてしまったとき、すごく怖い男の人が電話をしてきたのを覚えています。
クレジットカードで、です。
しかし、その後消費者金融でお金を借りたときは、電話をしてきた人は女の人で非常に丁寧でした。
ただし、2回目に遅れたときは男の人でしたが、怖いことを言われた覚えはなかったです。

 

何がいいたいかというと、クレジットカードでも、消費者金融でも、とにかくお金の返済に遅れたら対応は同じ、ということなんです。消費者金融が怖い、クレジットカードなら安心、というのはイメージとして大きく間違っていますね。

 

また、消費者金融のイメージとして、「恐ろしい利息を取られる」というところ。

 

消費者金融=ヤミ金

 

と思っている方も少なくないと思います。

 

確かに消費者金融の金利は銀行に比べて非常に高いです。
お金を借りた人からもらっていい金利の上限に近い利息を設定しているのは事実です。
銀行に比べるとかなり高いと感じると思います。
しかし、消費者金融が設定している金利は、きちんと法律で許可されている金利
ヤミ金とは違います。
テレビなどで見る怖い人が利息を払えといいに来るような貸金は、法律で決められた上限以上の金利を設定しています。
これは違法であり、だからこそ「ヤミ金」といわれています。
消費者金融はきちんと法律上正しい金利で営業しているので、問題ないんです。

 

消費者金融よりもクレジットカードのキャッシング枠の方がイメージがいいと思っている方は、大きな間違いです。
クレジットカードのキャッシング枠の金利は消費者金融と同等の金利が設定されています。
イメージは違うかもしれませんが、実際は消費者金融も信販系のキャッシングも同じ。
サービス面で考えると消費者金融の方が数倍利息を低く、また色々なサービスを受けることができるのでオススメなんです。

 

いかがでしょう?多少はイメージが変わりましたか?
お金を借りる時に大切なのは、消費者金融なのか、クレジットカードや銀行なのか、というところではありません。
重要なのは金利とサービス。あなたが返済しやすい方法をいくつも提示してくれているのは消費者金融です。
今までイメージにばかり目が行ってしまってすぐにお金を借りることができなかった人は、一度消費者金融のサービスにも目を向けてみてください。

 

お金借りる 実際にお金を借りた私の体験談

初めてお金を借りる人にとって、お金を借りるということは少し怖いと思うものです。
お金を借りるとどんな点が大変なのか、どのようなところが便利なのか、私が実際に消費者金融からお金を借りた経験を元にお金を借りた場合の体験談をご紹介します。

お金を借りる必要があった理由

貯金がありませんでしたので、給料は全て生活費とショッピングなどでなくなっていました。
そんな時、結婚式が3件重なり何とかなるかと思っていたのですがどうにもならず当月に・・・。
前もって準備しておけばよかったのですが、それができなかったため親や友人にも借りにくく、初めてキャッシングをしようと思いました。

消費者金融でお金を借りようと思った理由

とにかく急いでいたので、すぐに契約してお金を借りることができるところを探しました。
正直そのときは、「金利」や「利息」ということは一切考えてなくて、ただ「借りられるんだろうか」ということで頭がいっぱいでした。テレビのCMでよく見ていた消費者金融のサイトから申し込みをしました。

インターネットから申し込んで自動契約機で契約しました

仕事があったので、とにかくスマホからまず申し込みをして、メールで返信が来たときに自動契約機で契約したいという旨を伝えました。
18時に仕事が終わって、その足で自動契約機に向かいました。
「誰かいたら気まずいな」という気持ちが一番大きかったです。

審査に通過して、最初は20万円の枠でした

必要なお金は6万円だったのですが、私が借りることができる金額は20万円でした。
10万円でいいのに、なぜ20万円なんだろう?と思って少し怖くなった覚えがあります。

その場でATMからすぐに借りることができました

ATMでお金を借りることができたときは、すごく怖かったです。
すぐに絶対返す、と強く誓ったことを覚えています。
そのときもまだ、利息や利子についてはまったく考えていませんでした。

ピンチは乗り切りましたが・・・

必要な6万円を借りて、ピンチは乗り切ることができました。
その後、給料日に6万円を返済するのが少し厳しかったので、その月の最低返済額を返済しました。
確か、1万円程度だったと思います。
その時もまだ、利息については考えていませんでした。
ただ、返済する時は既に借りた時の恐怖心はなくなっていました。
1万円ずつ6回払えばいいからすぐに返済できる、そんなことを考えていました。

結局20万円までお金を借りることになりました

毎月1万円ずつ返そうと思いながら、カードから借りられるお金は20万円まであります。
今まで買えなかったものや、ちょっとしたピンチの時でも借りてしまい、返済は毎月1万円。
20万円の枠はあっという間に埋まりました。その時、初めて「どうやって返済しよう」と慌てた気がします。
それでもまだ、利息や利子については深く考えていませんでした。

1万円ずつ返済しているはずなのに減らない

このままだとまずいと思い、お金を借りることを辞めるようにしました。
20万円になってしまうと、なかなか大きな金額を返済しようという気持ちにならなくなります。
このまま借りずに毎月きちんと返済していれば終わるんだから、と思って返済をしていました。
しかし、3ヶ月後、3万円減っているはずなのにほとんど元金が減っていないことに気づきました。
そこで初めて、利息について考えました。

毎月1万円じゃだめなことに気づいた

利息を確認して初めて、毎月1万円の返済じゃ利息をひかれて数千円しか返済できていないことに気づきました。
その時、ようやく利息について深く反省しました。最初に6万円返していれば、利息を払う必要もなかったんだと思いました。

 

消費者金融でお金を借りるということ

私はこの20万円の枠の間に、何度も小さなピンチを助けて貰いました。
親や友人に借りることなく、自分でなんとかできていたのは非常にいいことだったと思います。
ただ、私がこのようになってしまった原因は、借りた金額に対して返済は毎月一定の金額しか返済しなかったことです。
そしてそれは、借りている金額が大きくなればなるほど、手元の現金がなくなることへの恐怖心のあまり、毎月一定の金額以上を返済することができなかったことです。

 

お金を借りるということは、返済する必要があるということ。
また、お金を借りているということは、レンタル料がかかっているんだということをしっかり最初に考えておいてください。
上手に利用することができれば、消費者金融でも銀行でもキャッシングやカードローンはとても便利です。
何より人に頼まなくていいので本当に気持ちが楽になれます。
しかし、そのピンチを乗り越えた後もカードは残ります。
自分で管理できない、と思っている人は、その後はカードは切ってしまうか捨ててしまうかをして使わないようにするか、ずっと使い続けたい人は借りた分は翌月に返す、ということをしっかりと頭に入れて利用しましょう。

 

この法則がきちんと守れれば、生活の中で非常に強い味方になると思います。

 

 

 

一番痩せる酵素ドリンク