お金を借りるならどこがいいの?!カードローンのメリットとデメリットって?

お金がすぐに必要なとき、心強いのがキャッシングやカードローンサービス。ですが、「お金を借りる」ってなんだか不安…という人も多いはず。特に初めての場合には、本当に大丈夫なのか気になりますよね。誰かに相談しようにも、お金が必要なのは「今」。
そんな不安も、お金を借りる仕組みをきっちり押さえておけば大丈夫。

 

まずは、お金を借りるときのメリットとデメリットを簡単にチェックしてみましょう。

 

キャッシング・カードローンでお金を借りるメリット

申込みからお金を借りるまでがスピーディ。消費者金融のカードローンなら、早ければ当日にお金を借りることができる場合がある(会社による)
・申込みからお金を借りるまでインターネットで完結できる場合があるので、誰にも気づかれずにお金を借りることができる

 

キャッシング・カードローンでお金を借りるデメリット

・消費者金融のカードローンでお金を借りる場合、信販会社や銀行より金利が高い
・返済方法が各社異なるので、借りる前にしっかりと計画を立てなければならない
・他社でお金を借りている場合、審査に通らないことがある

 

上手に利用すれば、キャッシング・カードローンはとても便利。ですが、便利だからこそお金を借りるときには、返すときのことまで考えておきたいもの。
借りる前に出来る限り不安を解消出来るよう、お金を借りるときに気をつけておきたいことをまとめてみました。

 

借りる前に 「お金を借りる」ことについてもっと知ろう!

初めてお金を借りる人は、やはりキャッシングやカードローンの利用に不安を覚えがち。

 

・すぐにお金が必要だけど即日融資って本当にその日のうちに借りることが出来るの?
・借りたお金はいつまでに返済すればいいの?
・返済額は毎月いくらぐらいになるの?
・お金を借りるときの審査ってどんなことを聞かれるの?

 

このような不安は、初めてお金を借りるときは誰でも考えることですよね。
急いでお金を借りたい方にとっては、特に即日融資は気になる存在。「本当にその日のうちに都合よくお金を借りることなんかできるんだろうか?」というのが、お金を借りる前の一番の不安だと思います。

 

そこで、初めてお金を借りる人の疑問と不安を解消するために「お金を借りる」ことについて徹底回答いたします!

 

お金を借りる相手のこと キャッシングとカードローンはどう違うの?

そもそもお金を借りる方法はいくつかありますが、大きく分けるとキャッシングカードローンがあります。

 

キャッシング

クレジットカードのキャッシング枠で、馴染み深いこの言葉。使うつもりがなくても、最初からカードの機能としてついていることも多く、意識していない人も多いかも。クレジットカードについているキャッシング機能で借りられる金額は小額ですが、返済もカードの請求と同時に出来てお得な場合もあります。

 

カードローン

銀行や消費者金融と契約してお金を借りる方法。
専用のカードを利用してATMからお金を借りるため、カードローンといいます。
クレジットカードのキャッシングの設定金額よりも高額な金額を借りることができるのが特徴で、クレジットカードのようにカードを使って何かを購入したりはできません。

 

お金を借りる その返済方法は?

キャッシングとカードローンの大きな違いは、借りられる金額が高額か小額かということ。そのため返済方法もキャッシングとカードローンでは大きく違います。

 

キャッシングとカードローンの返済方法

・キャッシングの返済方法
 一括または分割払い、リボ払いも可能
・カードローンの返済方法
 一定の金額を長期間かけて支払うリボ払い

 

高額の借入れの場合、そもそも一括で返済するのは難しいですよね。そのためカードローンでは、返済方法にほとんどの場合リボ払いを採用しています。キャッシングとカードローンはお金を借りるという目的は同じですが、借りたい金額によって上手に使い分けるのがポイントです。

 

消費者金融と銀行カードローン どちらでお金を借りる?

お金を借りる時、消費者金融と銀行カードローンでは、同じようにお金を借りるのでも少し中身が違ってきます。

 

その大きな違いは、やはり金利

 

消費者金融に比べて銀行カードローンは低金利なので、大きな金額を借りる場合は銀行カードローンの方がお得にお金を借りることができます。
少しでも低金利で借りる方が利息が安く済む、だったら最初から銀行カードローンで借りる方がいいなと思う人も多いでしょう。ですが、銀行カードローンは消費者金融に比べて融資スピードがゆっくり。

 

銀行カードローンは土日の対応がなく、契約や審査時間も銀行営業時間内(15時まで)というところも少なくありません。
また、契約したい銀行の普通口座をもっていることが前提となる場合も多く、お金を借りるスピードを考えると消費者金融に比べてやや不便。
とはいえ何ヶ月もかかる訳ではないので、数日の余裕がある方は契約時に銀行カードローンも視野に入れることをおススメします。

 

消費者金融でお金を借りるのは危ないの?

そもそもお金を借りるとき、消費者金融に借りるとなるとキャッシングを利用するよりもハードルを高く感じてしまいませんか?

 

消費者金融=矢のような督促

 

TVや漫画などでこんなイメージを持っている方は多いと思いますが、これは大きな間違い。

 

クレジットカードでも、消費者金融でも、お金の返済に遅れたら対応は同じ。お金を借りるとき、消費者金融は怖い、クレジットカードなら安心、ということはありません。

 

また、消費者金融には「恐ろしく利息が高い」というイメージもつきがち。

 

確かに、消費者金融の金利は銀行に比べて高く設定されています。しかし、消費者金融が設定している金利は、法律で許可されている金利
消費者金融はきちんと法律上正しい金利で営業しており、テレビで見るような怖い取立てももちろんありません。

 

そもそもクレジットカードのキャッシング枠の金利は消費者金融と同等の金利が設定されています。

 

キャンペーンなども含めると消費者金融の方が数倍利息を低く、またお金を借りる際に色々なサービスを受けることができるのでオススメな場合もあります。
お金を借りる時に大切なのは、消費者金融なのか、クレジットカードや銀行なのか、というところではありません。

 

重要なのは金利とサービス

 

あなたが返済しやすい方法を提示してくれるサービスを選ぶことが、無理なくお金を借りることにつながるのです。

 

お金を借りる しくみあれこれ

お金を借りるとき、「即日融資」「利息」「返済」など気になる単語がたくさん出てきますよね。借りる仕組みがどうなっているのか、借りる前にしっかり勉強しておきましょう!

 

その日のうちにお金を借りる!即日融資はまさに「即日」融資可能

キャッシングやカードローンの即日融資は、本当にその日のうちにお金を借りることができます。
ただし、お金を借りる時には「借りるための審査時間」が必要なのでその時間内に申し込みをすることが最低条件。申し込み時間は会社によって異なりますが、土日祝関係なく、朝9時頃から夜21時頃までとしている所が多いようです。
即日融資のほとんどのキャッシングやカードローンはこの時間帯に審査を行いますので、時間内に申し込みをする必要があります。時間内に審査を受けて通過すれば、その日のうちにお金を借りることができるんです。

 

毎月分割で返済するため、最終返済日は自由

キャッシングでもカードローンでも、何日までに必ず全額返済しなければいけないという期日はありません。毎月決まった金額を返済すれば、借りたお金を最終的にいつ返済しても問題なし
つまり、10万円借りて今月1万円返済したら、その後また1万円借りても翌月また1万円返済すればいいということです。大切なのは継続した返済。
もちろん、融資限度額があり、その枠を超えたキャッシングは出来ませんが、急な出費で困ったとき、お金を借りるハードルはぐっと下がります。ですが、これがキャッシングやカードローンの怖いところでもあるんです。

 

お金を借りるということは必ず返さなくてはならないということ。返済計画をしっかり立てて、自分の中でいつまでに返済をする、としっかり決めることが大切です。

 

毎月の返済額はお金を借りるときに確認できる

毎月の返済金額は、当然のことながら借りる金額によって変わります。
最初に契約をする時に、毎月の返済金額、つまり借りた金額の返済計画を教えて貰えますので、返済できるかどうか確認してから借りるようにしましょう。また、公式サイトでも借りたい金額を入れれば借りる前に毎月の返済金額をシュミレーションすることができますので、借りる前にサイトでも確認するとよいでしょう。

 

お金を借りるときには「審査」が必須

お金を借りるときには、必ず行われる「審査」。キャッシングの審査では、あなたに返済する能力があるかどうかをチェックします。これは、収入が高いか低いか、という審査ではなく、借りる金額に対して返済が可能かどうかを審査しているのです。
お金を借りるときは、どんな人でも必ず審査を受ける必要があります。審査に通らなければ、もちろんお金を借りることは出来ません。

 

「初めてお金を借りるのに、どうやったら審査に通るかなんてわからない…」という人のために、審査について簡単にまとめてみました。

 

お金を借りるときの審査チェックポイント

・現在、一定の収入があるか
・年収はどのくらいか
・返済能力があるかどうか
・他社からの借り入れがいくらあるのか
・居住形態

 

お金を借りる時の審査は、おおよそこの5つで判断されます。この5つのポイントの審査結果によって、あなたがいくらお金を借りることができるかが決まるのです。

 

お金を借りるには(1):一定の収入がある

この場合は収入の額よりも、定期的に安定した収入があることが大切です。
そのため、アルバイトやパート、派遣社員でも問題ありません。重要なのは一定の収入があるかどうか、ということ。
重要なのは金額ではなく勤務期間で、長ければ長いほど安定していると判断されることになります。

 

お金を借りるには(2):年収がどれぐらいあるか

年収がいくら以上でないとお金を借りることが出来ない、ということではありません。
これは、「年収の3分の1以上」にあたるお金を貸してはいけない「総量規制」という法律があるからなんです。
年収を越えた無理な貸付は、返済が出来ないばかりか、生活の破綻にもつながります。お金を借りる人を守るための法律であり、審査なんですね。

 

お金を借りるには(3):返済能力があるかどうか

これは、主に過去の返済履歴。今までクレジットカードや車のローンなどお金を借りた際にきちんと返済しているかどうか、遅れがないかどうか、ということを確認されます。
過去に返済ができなかった人の場合は、この返済能力があるかどうかというところで審査が難しくなります。今までに一度でもお金を借りたことがあって、きちんと返済していれば問題ありません。また、現在返済中でも問題ありません。

 

お金を借りるには(4):他社からの借り入れがあるかどうか

こちらも、返済能力と同じ。お金を借りるときには、今の収入・年収を越えたものにならないかが審査の重要な項目になります。
なので、車のローンやクレジットの支払いも含めて、今どのくらい借り入れがあるのかを事前にチェックすることも、お金を借りるときには必要なことなのです。

 

お金を借りるには(5):居住形態について

賃貸よりも、マイホームを持っている方の方がお金を借りる時には有利です。
持ち家の人は引っ越していなくなったりすることもありませんし、住所がしっかりとしていることは信用情報の中では大きなプラスポイントです。
簡単に言うと、貸し倒れが少ないという印象を持ってもらいやすくなるからです。
賃貸の場合は引越ししてしまうと後が分からなくなってしまいますが、持ち家であれば督促が発生した場合にも対応しやすいので、貸付しやすいということになるのです。

 

 

これだけでお金を借りることが出来るの?と拍子抜けした人もいるかもしれません。お金を借りるときの審査は、簡単に言えばこの程度の審査なのです。

 

審査は30分〜1時間程度で終了します。これらの情報は、あなたが書類に記載している内容だけを見るのではなく、信用情報機関などの情報に基づいて審査されます。不安のあまり、収入金額を多めに書いたり、過去の貸付について書かなかったりしても意味はありません。
むしろ、隠さなければならないような理由があると思われてマイナスポイントになってしまうので、書類には正しい内容をきちんと書くようにしましょう。

 

借りるときの注意!審査に落ちると、お金を借りる上でのデメリットに

うその記入内容をしてしまったり、過去の貸付の状況などから、貸付が出来ないと判断されると審査に落とされる場合があります。一度審査に落ちてしまうと、ほかの会社からもキャッシングを断られてしまうことも。
お金を借りるために審査を受けたのに、今後お金が借りられなくなってしまうなんてとんでもないですよね。なのでお金を借りる前に、自分の状況をよく把握して、正しい情報を書くことを心がけてください。

 

 

お金を借りる 借りたら返す!返すためには…?

お金を借りる時、返済についてしっかり計画を立てなくてはいけないのは銀行や信販会社で借りても消費者金融で借りても同じ。特に注意しなければいけないのは「金利」です。

 

よく言われているように、消費者金融は「金利」がお高め。消費者金融からお金を借りる際の金利は、クレジットカードのキャッシング機能に比べるとかなり高くなります。
ただ、金融各社無利息キャンペーンなども行っているので、一定の期間で返済すれば金利がかからないケースも。金利がかからなければ、むしろクレジットカードのキャッシング機能よりも消費者金融で借りた方がお得になるかも!各社のキャンペーンをしっかり確認して、一番お得にお金を借りることが出来る会社を選びましょう。

 

お得にお金を借りるには 消費者金融の無利息キャンペーンって?

消費者金融のキャッシングやカードローンには、「無利息キャンペーン」を行っているところが多くあります。
このキャンペーンは、一定の期間、無利息でお金を借りることができるサービス。少ない金額を少しの間借りたい人にとっては、非常に便利で助かるお得なキャンペーン。

 

無利息キャンペーンは、初めてお金を借りる人を対象としたサービス。既に利用したことがある人は対象にならないので注意してください。無利息期間はほぼ30日間と設定しているところが多いので、すぐに返済できる額のお金を借りたい人にピッタリのサービスです。

 

ただし、気をつけるポイントがあります。それは、無利息期間がいつからスタートするのかということ。消費者金融によって違いますが、2つのパターンがあります。

 

・お金を借りた日から30日間
・はじめて契約をした日から30日間

 

小さな違いのように見えますが、これを見落とすともったいないことに。すぐに借りない人が契約した日から30日間の無利息キャンペーンを行っているところを選んでしまうと、無利息期間中にお金を借りないまま過ぎてしまうこともあります。
契約する時に無利息キャンペーンがあったら、いつから無利息期間が始まるか確認しましょう。

 

 

キャッシングでお金を借りる際のおすすめランキング!

たくさんのキャッシングやカードローンがあるなか、どこを選べばいいのか分からないという方向けに、有名な消費者金融やカードローンの特徴やメリットをまとめてみました。使用目的や返済期間などを考えて、お金を借りるときの判断材料にしてくださいね。

 

アコム

貸付利率(実質年率) 自動審査受付時間 メリット
3.0%〜18.0% 8:00〜22:00 パート、アルバイトでもお金を借りることが出来ます!

24時間インターネットでの申し込みが可能で、3秒あればお金が借りられるかどうか診断可能!安定した収入があれば、アルバイトやパート、派遣社員でもお金を借りることが出来ます。返済シュミレーションや利用状況の照会もインターネットで簡単に行うことができます。
【特徴】
・短時間(3秒)で審査結果表示
安定した収入があればアルバイトやパートでも融資可能
・審査〜契約まで来店不要で手続き完了

↓公式サイトはこちら↓

http://www.acom.co.jp/

 

 

アイフル

貸付利率(実質年率) 自動審査受付時間 メリット
4.5%〜18.0% 9:00〜21:00 最短30分で審査完了
24時間インターネットでの申し込み可能、さらにネット契約なら即日融資もOK!本当に借りられるか?お試し1秒診断もあり。「ファーストプレミアムカードローン」なら、上限金利9.5%!※満23歳〜59歳の方で一定の年収がありアイフルをはじめて利用する方限定

【特徴】
事前にご融資可能か1秒診断あり
・抜群の知名度で安心
・審査〜契約まで来店不要で手続き完了

↓公式サイトはこちら↓

http://www.aiful.co.jp/

 

低金利や即日融資が可能なその他のキャッシングサービスリスト

 

 

クレジットカードのキャッシング機能でもお金は借りられます。さらに、即日発行可能なクレジットカードも!

アコムACマスターカード

カード受取可能時間 メリット

9:00〜21:00/年中無休
(年末年始は除く)

海外でも利用できる!年会費無料!

キャッシングのついでにクレジット機能もつけたい、という方にピッタリ。クレジット機能もついているのに最短即日でスピード発行が可能です。
年会費が無料なのも嬉しいですね。
【特徴】
・クレジット機能付きで即日カード発行が可能
・アルバイトやパート、派遣社員でも融資可能
・後からリボ払いに変更も可能

↓公式サイトはこちら↓

http://www.acom.co.jp/

 

 

楽天カード

カード受取可能時間 メリット
約1週間で郵送にて受取可能 年会費永年無料!

インターネットでのお買い物が多い方にはピッタリ!このカード1枚で、キャッシングもクレジット機能も使えちゃう!楽天ポイントもざくざく貯まります。インターネット決済が多い方には特にオススメのカードです。
【特徴】
・楽天ポイントがどんどん貯まる!
・安定した収入があればアルバイトやパートでも融資可能
・今なら6.000円相当の楽天ポイントプレゼント

↓公式サイトはこちら↓

http://card.rakuten.co.jp/

 

エポスカード

カード受取可能時間 メリット
マルイ受取りなら即日 入会時ポイント付与

マルイ店舗受取りで即日発行が可能!カード受取後、すぐにキャッシング・分割払いでの買い物ができます!年会費は永年無料で、7,000店舗のレストランやカフェ、ホテルなどで割引が受けられます!
今ならネット限定!新規入会&利用でエポスポイントプレゼント!マルイのショッピングですぐに利用できるので、Net申し込みをしてそのままマルイでお得にお買い物ができちゃうおトクなカードです!
【特徴】
・マルイ受取りなら即日発行可能
・全国7,000店舗で優待特典が受けられる
・今ならエポスポイントプレゼント

↓公式サイトはこちら↓

https://www.eposcard.co.jp/

 

いかがでしたか?金利やサービスの違いはあっても、キャッシングやカードローンの本質は同じ。お金を「借りる」と返さなくてはいけないのだということを忘れずに、金利や利息、サービスなどをしっかり見比べてみてくださいね。

 

 

お金借りるとこうなった 私の「借りる」体験談

初めてお金を借りる人にとって、お金を「借りる」のって不安なことの方が多いですよね。
お金を借りると何が大変で、どこが便利なのか、私が実際に消費者金融のカードローンでお金を借りたときの体験談をご紹介します。

 

お金を借りる必要があった理由

ショッピングや生活費でお給料を使ってしまって、貯金がなかった私。ちょこっとくらい貯めておかなくちゃとは思っていたんですが、来月こそ来月こそと思いながらそのままにしていました。
そんな時、結婚式が3件重なり、お祝儀もすごい額に…。切り詰めれば何とかなるかと思っていたのですが、どうにもならずあっという間に結婚式の月になってしまいました。前もって準備しておけばよかったのですが、そもそも貯金もない私にはそれも無理。
額もそれなりに大きいので親や友人にも借りにくく、そこでCMでよくやっている消費者金融のことを思い出したんですね。

 

とにかく急いでいたので、すぐに契約してお金を借りることができるところを探しました。正直そのときは、「金利」や「利息」を一切考えてなくて、「お金借りるのってどのくらいかかるんだろう、ほんとに借りられるんだろうか」ということで頭がいっぱいでした。

 

インターネットで申し込み、自動契約機で契約し、お金を借りる

まずスマホから消費者金融のサイトに申し込みをして、メールで返信が来たときに自動契約機で契約したいという旨を伝えました。
ここで収入のことや前にお金を借りたことがあるかを確認されました。これが審査だったと思います、そのくらいあっさりとしたものでした。
18時に仕事が終わって、その足で自動契約機に向かいましたが、このときは「誰かいたら気まずいな」という気持ちが一番大きかったです。
でも、そんな不安も無事にお金を借りることが出来たときには吹き飛んでました。

 

必要な金額ではなく、お金を借りる「限度額」まで借りることは出来る

必要なお金は6万円だったのですが、私が借りることができる金額は20万円でした。
これは融資枠が20万円で、全額借りる必要はありません。そもそも必要だったのは6万円なので、10万円でいいのになぜ20万円も借りることが出来るんだろうってちょっとびっくりしました。
でもこれが、今の私がお金を借りることが出来る限度額だってことだったんです。
さすがに、その金額の大きさに少し怖くなって、絶対すぐに返そうと思った覚えがあります。それでもお金を無事に借りることができて、その日はただただほっとしていました。

 

お金を借りるのはとっても簡単!ピンチは乗り切りましたが・・・

必要な6万円を借りて、ひとまず結婚式は乗り切ることができました。
その後、給料日に6万円を一括で返済するのが少し厳しかったので、その月の最低返済額を返済しました。確か、1万円程度だったと思います。ただ、返済する時は既に借りた時の恐怖心はなくなっていました。1万円ずつ6回払えばいいからすぐに返済できる、そんなことを考えていました。

 

結局限度額いっぱいの20万円までお金を借りることになりました

毎月1万円ずつ返そうと思っていても、それまでは余計な出費は控えようと最初は思っていました。
でも、私は借りることが出来るお金はまだまだあると知っていました。6万円借りていても、まだ残り14万円お金を借りることが出来るんです。
今まで買えなかったものや、ちょっとしたピンチの時でもついつい借りてしまい、それでも返済は毎月1万円。その手軽さに買い物を続けた私の20万円の枠はあっという間に埋まりました。その時になってようやく「どうやって返済しよう」と慌てた気がします。
しかもまだお金を借りるということについて、私はその借りた金額ばかりに気をとられて利息や利子についてまったく考えていませんでした。

 

1万円ずつ返済しているはずなのに減らない

さすがにこのままだとまずいと思いましたが、20万円という額はあまりにも大きくて、とても一括返済は出来ません。でもこのまま借りずに毎月きちんと返済していれば大丈夫だと思って、月1万円の返済を続けました。

 

しかし3ヶ月後、返済を3回行って3万円の返済を行っているはずなのにほとんど元金が減っていないことに気づきました。
そこでやっと、「利息」に気がついたんです。

 

毎月1万円じゃだめでした。お金を借りるということは、利息をつけて返さないといけないということです。毎月1万円の返済じゃ、利息をひけば結局数千円しか返済できないんです。
時間がかかればかかるほど、借りる時よりも金額が大きくなっていくんですね。最初に6万円返していれば、利息を払う必要もなかったんだと気づいたときにはものすごく自分に呆れました。

 

消費者金融でお金を借りるということ

私は借りることが出来た20万円に、小さなピンチを何度も助けてもらいました。親や友人にお金を借りることなく、自分でなんとかできたのは精神的にものすごくありがたいことでした。
それでも私にはまだ返さなくてはいけないお金が残っています、元金が減らなかった間にも利息はしっかりついていたからです。

 

私が長い返済をすることになった原因は、お金を借りることへの知識が足りなかったからです。
お金を借りると返すときには利息がつくことにもっと早く気がつくべきでしたし、借りる金額が大きくなればなるほど手元の現金がなくなることへの恐怖心のあまり、毎月一定の金額以上を返済することができなかったことも原因のひとつです。
また何か急な出費があったとき、もうお金を借りることが出来ないというのは恐怖でしかありませんでした。

 

お金を借りるということは、返済する必要があるということ。また、お金を借りているということは、レンタル料がかかっているのと同じことだということをしっかり最初に考えておいてください。
上手に利用することができれば、消費者金融でも銀行でもキャッシングやカードローンはとても便利です。ほんのちょっとお金が足りない、なんてピンチをすぐに助けてくれます。

 

しかし、目先ピンチを乗り越えた後も手元にお金を借りることが出来るカードは残ります。
私のように、そのカードでついつい追加でお金を借りる人もいるでしょう。ちょこちょこ使ったお金が、実はびっくりするほどの金額になっていることにすぐに気がつけない人もいると思います。

 

自分で管理できないと思う人は、必要最低限のお金を借りた後はカードは切ってしまうか捨ててしまうかをして使わないようにするのがおススメですし、、ずっと使い続けたい人は借りた分は翌月にすぐ返すということをしっかりと頭に入れて利用しましょう。

 

お金を借りるときには、自分でルールを決めること。そのルールを守って、自分の生活を超えない範囲でお金を借りる、そうすればキャッシングやカードローンは私たちの生活の強い味方になってくれると思います。

 

 

お金を借りる際の参考となる公的なサイト

お金を借りる際の法律や法令などは以下の情報を元にしています。
金融庁ホームページ
日本貸金業協会
貸金業法